失敗しないための電動歯ブラシの基礎知識〜使い方・磨き方や比較と選び方など〜

失敗しないための電動歯ブラシの基礎知識〜初心者の方必見!

電動歯ブラシを初めて使用する初心者にとっては、いろいろな疑問やわからない点、不安があると思います。
決して安い商品ではないので、失敗したくないと思っておられることでしょう?

 

ここでは、私の思いつく限り、販売員時代に質問を受けた項目を整理して説明していきます。
歯医者さんではないので、学術的な事などはわかりませんので、あしからず。。

 

電動歯ブラシの購入を検討中の方の参考になればと思います。

 

少しずつですが、がんばって更新もしていきますので、たまにみにきてくださいね。

 

電動歯ブラシの基礎知識〜使い方・磨き方や比較と選び方など記事一覧

電動歯ブラシのメリットとデメリット〜購入を検討中の方へ

やはり電動歯ブラシの最大のメリットは短時間できれいに磨けることだと思います。通常、電動歯ブラシで2分間磨きますが、手磨きで10分〜12分磨いたのに相当する歯垢除去能力といわれています。また、磨き癖が少なくなるのも魅力です。手磨きだと、どうしても磨き癖が出て右上は磨けてるけど左下は磨けてなかったりする...

≫続きを読む

 

電動歯ブラシで歯周病対策!健康寿命をのばしましょう。

歯が失われる一番の原因というのは歯周病です。高齢化社会の中、歯の健康というのは体の健康寿命と直結した問題となっています。日本人の場合、80歳で自分の歯が10本から12本というデータがあります。これでは、楽しみだった食事の時間も老後はつらい時間となってしまいかねませんね。また歯周病は歯だけの問題ではな...

≫続きを読む

 

高い電動歯ブラシと安いものとはどこが違うのか?〜選び方と比較

一般的には、高い電動歯ブラシの方が歯垢を除去するための工夫が多くなされています。ここではいくつか高い理由をまとめてみました。一般的に高い製品ほど振動数(回転数)が速い上位機種ほど振動数が速くなります。速いということ単純に歯垢除去能力が高いということになります。一般的にはと書きましたが、最近ではフィリ...

≫続きを読む

 

電動歯ブラシは歯や歯ぐきを傷つけないのでしょうか?〜購入予定の方へ

電動歯ブラシは、メーカーや機種によって異なりますが、1分間に早いもので3万回〜4万回の振動や回転をいしています。やはり、歯や歯ぐきを傷つけると思われている方もいると思いますが、正しく使えば傷つけることはありません。私は、12年間電動歯ブラシを使っていますが、半年に1回の定期点検で歯医者さんに指摘され...

≫続きを読む

 

電動歯ブラシの種類〜音波式歯ブラシのバス磨きと回転式の違い

電動歯ブラシには振動式(非音波式)、音波式や超音波式などがあります。このサイトで紹介するフィリップス、パナソニック、ブラウンは音波式に属しますので、音波式について説明します。音波式とは、高速な振動(回転)をすることにより、ブラシを水面につけると、水中に多数の気泡が発生するのが特徴です。この多数の気泡...

≫続きを読む

 

電動歯ブラシの磨き方・使い方〜購入前の豆知識編

正しい握り方・持ち方をしましょうメーカーによって異なりますが、フィリップス、ブラウンはしっかりと固定するために掌握状に持ちます。パナソニック、オムロンは圧をかけすぎないため、ペングリップで持ちます。(詳しくは、各メーカーの取り扱い説明書でご確認ください)磨く時間磨く時間は、2分間が標準的です。口の中...

≫続きを読む

 

Braun ブラウン オーラルBの特徴〜電動歯ブラシの比較

ブラウンの電動歯ブラシの基本的な考え方は、ちゃんと毛先が歯の表面や歯と歯茎の間にある歯垢にあたって物理的に壊さないと歯垢(プラーク)を取り除くことはできないという考え方をしています。歯垢(プラーク)は、バイオフィルムという膜につつれています。その膜を物理的に壊すことこそが、最大の歯垢を取り除く方法だ...

≫続きを読む

 

Panasonic パナソニック ドルツの特徴〜電動歯ブラシの比較

日本人の歯に適した小さなヘッド日本人独特の複雑な歯のかたちに対応させるため、小さめのヘッドを採用しています。小さめのヘッドにすることにより、細かい部分まで磨くことが可能です。リニアモーター上位機種に採用されているリニアモーターは、スピーディーでパワフルに歯垢をはじき飛ばします。バス磨き歯科衛生士推奨...

≫続きを読む

 

Phillips フィリップス ソニッケアーの特徴〜電動歯ブラシの比較

音波水流毎分31,000回の超高速振動と幅広いふり幅の組み合わせで液体流動による洗浄力(音波水流)を発生。音波水流が発生することにより、歯のすきまや歯周ポケットなどの歯ブラシの届きにくい部分の歯垢を効率的に除去します。歯と歯ぐきにもやさしいソニッケアーは音波水流で歯垢を除去するので、歯や歯ぐきにあま...

≫続きを読む

 

Braun ブラウン オーラルB 電動歯ブラシのモードについて

ブラウンの電動歯ブラシには6種類のモードが用意されています。モードの名前だけでは、少しわかりにくいと思いますのでここで詳しく説明します。自分には、どのモードが必要なのかをチェックしてください。しっかりクリーンモード回転数:上下振動 約40,000回 左右反復振動 約8,800回 (1分間)タイマーが...

≫続きを読む

 

Phillips フィリップス ソニッケアーのモードについて

フィリップスの電動歯ブラシには6種類のモードが用意されています。自分には、どのモードが必要でどれがいらないかをチェックしてくださいクリーンモード通常の毎日磨きの際に使用するモードです。ブラッシング時間:2分間「クリーンモード」搭載モデルソニッケアー ダイヤモンドクリーン HX9303/04ソニッケア...

≫続きを読む

 

電動歯ブラシに歯磨き粉は必要ですか?研磨剤入りは大丈夫?

基本的には、歯磨き粉はつけなくても大丈夫ですが、少し、物足りなさを感じるのであれば、研磨剤が入っていないもの、もしくは低研磨剤のものをお勧めします。普通の歯磨き粉でも問題はないと思いますが、 泡立ってしまい、少々使いにくい面があります。私の場合は、普通の歯磨き粉を朝磨くときだけ使用し、 夜は、歯磨き...

≫続きを読む

 

電動歯ブラシの維持費(ランニングコスト)は?〜電動歯ブラシの比較

電動歯ブラシは本体を買ったあとは壊れないかぎり、維持費としては替えブラシの費用がかかってきます。もちろん、歯磨き粉を使用する方は歯磨き粉のランニングコストも必要ですが・・・少し話がそれますが、壊れる原因で一番多いのは充電池が不活性化していることが一番多く、充電したのに動かなくなったり、途中で止まった...

≫続きを読む

 

電動歯ブラシの子供用(キッズ用)はありますか?

フィリップスやパナソニックから子供用(キッズ用)の電動歯ブラシが発売されています。メーカーによって異なりますが3歳〜6歳以上のお子様から使用できるようになっています。大人用に比べて回転数(振動数)が遅く、ブラシも柔らかめのものを使用しています。各メーカーともエナメル質ややららかい歯茎を傷つけないよう...

≫続きを読む

 

電動歯ブラシの得する購入時期は?〜購入を予定している方へ

一般的に電動歯ブラシの新製品が発売される時期というのは、春と秋に集中します。新製品は、発売された当初は、なかなか価格が安くはなりません。1か月を過ぎるころから価格が下がり始め、約2か月から3か月で落ち着いてきます。その時に、人気があってよく売れている商品というのは、競合店との価格競争が激しくなり、下...

≫続きを読む

 

電動歯ブラシで口臭対策〜歯垢除去と舌のケアが重要

口の中の問題でまず考えられることが歯垢(歯石)、虫歯、歯周病などです。徹底的な歯垢除去が問題解決の第一歩歯間は口臭の原因となるバクテリアの繁殖域です。歯と歯の間や歯ぐきとの境目などの徹底的な歯垢除去が必要です。やはり、上位機種で回転数の速いものがおすすめになります。また、歯間ブラシが装着できるものが...

≫続きを読む

 

替えブラシの交換時期は〜電動歯ブラシの比較と選び方

各メーカーのパンフレットやHPには「替えブラシは3か月を目安に交換しましょう」とあります。しかし、1日1回しか磨かない人もいれば、1日4回や5回磨く人もいます。ちよっとわかりずらいなと感じたことはありませんか?さらに各メーカーのパンフレットやHPには「3か月以内でも毛先が開いたり、広がったら交換して...

≫続きを読む

 

初めての電動歯ブラシの選び方〜管理人のおすすめ!

初めて電動歯ブラシを購入しようと考えている方は、どのようなメーカー・機種を選べばいいのか非常に迷われると思います。いろいろな考え方があるとは思いますが、ここでは管理人が考える初心者の方の電動歯ブラシの選び方についてご案内します。どのメーカーがいいのか?いろいろなメーカーから電動歯ブラシは発売されてい...

≫続きを読む

 

電動歯ブラシ 型落ち(旧商品)はお得?その判断方法とは?

電動歯ブラシは、だいたい1年周期で新製品が発売されることが多く、春と秋に新製品が導入されることが多いです。なかには半年で変わるものもあれば、2年程かわらないこともあります。一般的には、今ある機種の後継機種として発売されます。例えばブラウンの「プラチナブラック7000シリーズ」であればD365356X...

≫続きを読む

 

電動歯ブラシのモードとは、どのような意味がある?

電動歯ブラシ、機種によってはモードがいろいろあります。ホワイトニングモード、マッサージモード、ハグキケアモード、ガムケアモード他とにかく多くのモードがあります。やはり、ホワイトニングをするときはホワイトニングモードが一番適しています。また、歯ぐきをマッサージするときはマッサージモードが一番適していま...

≫続きを読む